私のお気に入り > 別荘 > 軽井沢(ナショナルトラスト)



ナショナルトラスト

避暑地として拓かれて127年。
日本人が別荘を持つようになってからも、別荘建築を中心に、教会や洋式ホテルなど、数多くの洋風建築が建てられた。
現在、急速に失われつつある歴史的洋風建築をなんとか残そうと20年ほど前に「軽井沢ナショナルトラスト」が設立された。
軽井沢の自然と貴重な歴史的建造物を守る団体 TEL 0267-45-3662
「別荘ウォッチング」などの活動がある。


軽井沢ショー記念礼拝堂
明治28年、アレキサンダー・クロフト・ショーによって創設された軽井沢で最古の教会。旅籠などの廃材を用い。三笠ホテルを建てた大工棟梁・小林代造が建てたもの。大正時代に増改築がなされ、現在の十字形の平面構成になった。
軽井沢57-1 TEL 0267-42-4740
ショー記念教会
ショーハウス記念館

ショー記念館
聖パウロカトリック教会
昭和10年アントニンレーモンド設計。英国人ワード神父によって建てられたカトリック教会。レーモンドが故郷チェコスロバキア地方の伝統的なデザインを取り入れたもので、米国建築学会賞を受けた名建築。
軽井沢179 TEL0267-42-2429

聖パウロ
軽井沢ユニオンチャーチ
大正7年ヴォーリズの基本設計により改築。ダニエル・ノーマンらにより設立されたプロテスタント系超教派の教会。キリスト教の宗派を問わず、軽井沢周辺に住む各外国人の連合の教会。官営鉄道の高級技師のクラブハウスを移築改造してつくられたもの。外壁は押縁下見板張りの簡素なもの。
軽井沢森前862-2
ユニオンチャーチ

旧三笠ホテル
明治38年岡田時太郎設計。国の重要文化財。実業家、山本直良が創業した木造純西洋式ホテル。木骨様式にゴシック風の重厚さが加わる。近衛文麿、澁澤栄一、大隈重信などの政財界人が滞在した。
軽井沢1339−342 TEL 0267-45-8695 (軽井沢町教育委員会)

軽井沢会テニスコート クラブハウス
昭和5年ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計。御木本隆三が寄贈したログキャビン風の木造建築。天皇皇后陛下のご成婚前の「テニスのロマンス」で知られるコート。
軽井沢736-1


軽井沢集会堂
大正11年ヴォーリズ設計。軽井沢のランドマークでもある集会堂。朝吹常吉氏など、日本人の有志14名により建てられたもので、平成7年に修復工事が行われた。財団法人 軽井沢会所有。
軽井沢940-1
軽井沢会集会堂
室生犀星記念館

室生犀星記念館
旧ライシャワー邸 旧松方家別荘
大正15年、旧サロモン別荘。駐日アメリカ大使エドウィン・ライシャワー夫人、松方ハル所有を経て、現在は、カフェ「涼の音(すずのね)」が営業。
旧軽井沢972 TEL 0267-31-6889


八田別荘(日本人別荘第一号で現存する最古の別荘)

イメージ
旧スイス公使館(深山荘)
昭和17年、昭和初期に三笠の地に開業した貸別荘「前田郷」の中で最大の建物だった深山荘。昭和19年5月にスイス公使館の疎開別荘として使用された。現在、町が買い取り、保存・活用を検討している。
軽井沢1369-21 TEL 0267-45-8695 (軽井沢町教育委員会)

イメージ
旧軽井沢駅舎記念館
復元建築。明治26年信越線開通時の駅舎を明治43年に改築。場所は現在の軽井沢駅から移動しているものの、往時を偲ばせる懐かしい瀟洒な駅舎。
軽井沢1178-1246 TEL 0267-42-1398

イメージ
日本キリスト教団軽井沢教会
軽井沢教会
軽井沢南教会

軽井沢南教会