私のお気に入り > ライフスタイル > ファッション




なぜか華があって、魅力がある人。
その時だけオーラを放つのではなく、いくつになっても光を失わない、永遠に別格の女であり続ける。
格とは揺るぎないもの。形だけではなく、中身の素晴らしさで他と比べものにならないということ。
別格の女は、品格も人格も風格も、優れたものはみんな死ぬまで持ち続ける。そんな「格」を手に入れるには、人と競うのではなく、すべてにおいて自分の中で最善を尽くすこと。人がどうであれ気にしない。黙々と自分を磨き込む。自分のベストを極めていく。そこを目指していけば、いつのまにか「格」はついてくる。「美しさ」は永遠のものじゃなし、「一番」も「幸せ」も永遠のものではない。でも「格」だけは永久不滅。そんな「別格の女」を目指す。

「ティファニーで朝食を」ムーンリバー


*右メニューでファッション〜へ*