自己啓発5



・人生の目的は勝利することではない。成長すること、分け合うこと。人生を振り返って自分が何をしたかを考えたとき、他人を出し抜いたり、負かしたことよりも他人を喜ばせたことのほうがたくさんの満足をおぼえる。

・質問するのを恐れない。発見が人生の仕事。

・あきらめない。信念をもって新しいことを始めたならその一歩一歩に価値がある。

・人間変わらなければ成長しない。成長しなければ生きているとは言えない。

・成長するには怖がらず、自分の信念に従う。

・本当に欲しいものを手に入れるまで立ち止まってはいけない。

・自分の才能と決断に自信をもつ。

・良い教育が成功の鍵。自分の目標にふさわしい教育を受ける。あとはその夢を実現させるのだという信念と熱意と努力。

・神は自分の中にいることを忘れない。

・チャンスが訪れたらためらわずやってみる。

・一番の贈り物は親切。

・どんなものを手に入れたかで人の価値が決まるのではない。大事なのは知り合った人達、愛した人達。

・成功するにはいつもこれが最後のチャンスだと思ってトライすること。

・毎日必ず何かを学ぶ。

・最高の復讐は良い人生を送ること。

・自分の家に自分の天国をつくる。

・小者の人とも大物の人とも分け隔てなく付き合う。

・人と話すとき人の話の腰を折らない。

・気前よく与える。お返しは期待しない。

・自分の幸運は人に分けてやる。

・幸せな家庭、健康、充実した仕事がこの世では最高なもの。、さらに人知を越えた大きな力を信じる謙虚さ、避けがたいものを受け入れる知恵、自分の決断を信頼する勇気、信用できる友を得る幸運があったら人生はさらに愉快になる。
・適度な自信が実りある生活を送る鍵。

・ものは大切ではない。形あるものが壊れたりなくなっても落ち込まず、そのものを通して得た記憶や思い出に感謝する。

・身近な目標と大きな目標を持つ。

・不完全で良い。でもいい加減ではない。いつでも自分の精一杯を生きる。

・今、ここにある現実だけを受け入れる。その瞬間から心は清らかになる。

・物事はひとかたまりではなく、小さなユニットとしてとらえる。そしてできる所から手をつけていけば大きな成果につながる。
・無常だから不幸になっても一時的。喜びがあっても一時的。


・善行為をすると達成感が生まれとても気分がいい。

・幸福を感じるには豊かな心。心の力には限界がない。心を鍛え育て、たくさんの楽しみや幸福を感じられる力をつければ財産と呼べるものがなくても幸せを感じることができる。ものやお金を蓄えるより心の力を蓄える。

・人に「与えるもの」は自分が得る。何倍にもなって返ってくる。

・悪行も善行も必ず自分に返る。これを「自業自得」という。

・行為と結果はワンセット。

・怒りというのは自分に対する破壊行為。人間は一人では生きられない。怒りは人を孤立無援にする。

・仲間を増やすことが最高の生き方。他人を仲間にしてあげる。差別の壁を消し相手を慈しむ。これは物質よりずっと価値がある。

・どうしても合わない人とは気に入らないからといっていじめたり差別したり攻撃を加えたりしない。といって無理に合わせることもない。相手もひとつの生命と認め「自分は自分。他人は他人」と考えれば楽になる。

・誰のためでもなく、たった一人の自分のためにベストを尽くす。

・精一杯やって失敗しても逃げることなくベストを尽くす。

・格好が悪くてもそれができる潔さを持っている人は次のステップに進むことができる。

・失敗から立ち直れる人はまず自分の失敗を素直に認められる人。自分の失敗談がうまい人ほど多くの経験を積んでいる。

・一生懸命な姿はきっと伝わる。人を心から魅了する。

・そこにいるだけで安心できる人になる。

・思いとどまる勇気を持つ。

・幸せが年を重ねる毎に増えていく人生にする。