自己啓発6

・人生で最も価値のある素晴らしい財産は自分の中にある。
・願望とは夢を現実に変えていくこと。
・人間は自分で自分の運命を決定することができる。燃えるような熱意で心の中をいっぱいにすれば毎日の言動、思考、行動などが目標の達成に向けて自然と近づく。
・豊かさの原点は心構えから始まる。人間が自由にコントロールできるのは自分の心構えだけ。積極的な心構えはすべての豊かさの原点になる。
・目標も計画もなしに成功はあり得ない。思い通りの人生を送りたいと望むなら明確な目標とその達成のための具体的な計画を立てることから始める。
・自分は欲しい物を必ず得られると強く確信すること。本当に手に入れることが出来るのだと自分自身が確信できないかぎり到底手に入れることは出来ない。
・自分自身を知り、不要なものを捨てる。不要なものを捨てるということは意外に重要。自分を知り、自分が築きたい人生のイメージを得るにつれ不要なものがはっきりしてくる。
・富を求める意識のない人は貧乏を求める意識に占領されている。自分の富に限界があるのは願望に限界があるから。富を求める意識というのは本人が努力しなければ持てないもの。
・富を分かち与えると、より一層多くの富を得るようになる。幸福を人に分かち合えばそれは必ず自分の元に返ってくる。
・チャンスは姿を隠してやってくる。それを見逃さないようにする。チャンスは準備をしていた人の元に飛び込んでくる。不可能だと思えることにも挑戦し冒険する。

・潜在意識の力を活用し思い通りに生きる。
・潜在意識は良い考えも悪い考えも同じように受け入れる。自分の扱い方ひとつでプラスにもマイナスにも作用する。
・人間は自らの運命やその生活環境を支配することができる。感情をこめた自己説得は固定観念の壁を崩し、信念に変えていく。
・信念は自己説得で育てることができる。信念は思考を力に変え、信念が感情と目標と結びついたとき、望みは実現する。
・心の中から恐怖を取り除けば自由な生き方ができる。ものごとの原因がわかると恐れは心の中から少しずつ薄れていく。自分の思考を恐れのないものにできたらどんなことも思いのままに成し遂げられる。
・どんなことにも報いがやってくる。人生は代償の法則で動いている。自分の思考と行為によって未来が決まる。いずれは誰もがその人にふさわしい場所へ落ち着くことになる。
・自分の現在の地位や状態は自分自身の思考習慣が作り出したもの。積極的な人間になりたければ常に物事を積極的に考える習慣を身につける。

・逆境や失敗はすべて一時的なもの。その中に大きな利益の種がある。このことに気がつけば立ち止まらず自分で認めない限り失敗は失敗にならない。
・人生には悩むほど価値のあるものは何もない。不安は日々の思考習慣から生まれるもの。思考習慣は自分でコントロールする。
・失敗の最大の原因は決断力の欠如。決断は素早く、変更は慎重に時間をかけて。優柔不断は誰もが克服すべき大敵。
・最初の計画が失敗したら次で勝負する。何度でもうまくいくまで繰り返せばいい。
・批判を恐れることは成功を恐れること。
・人が失敗する理由は一日延ばしの習慣にある。
・不幸や不運などに実態はない。それは心の中にのみ存在する。最終的には何も問題ではない。すべてのことには意味がある。

・勤勉と正直、努力だけが富を築くのではない。目標を明確にし、完全な計画を立てることが富に近づく。
・学歴がないからといってあきらめる必要はない。知識が必要なときにそれをどこでどうやって得られるかを知っていれば、知識があっても使い方を知らない人よりずっといい。

・人生は願ったとおりになる。理想の人生をただひたすら願い続ける。自分は運が強いと潜在意識に働きかけ、映画を見るように心のスクリーンに映しだす。
・強く願うことは口に出して毎日自分に宣言する。口に出しているうちにその願望は潜在意識にしっかりと刻み込まれ実現する。
・どんな困難に直面しても最後はハッピーエンドになることを信じる。
・人は苦しむために生まれてきたのではない。人生を楽しむために生まれてくる。楽しいと感じるのは自分が最も自分らしく生きているということ。
・人間関係は鏡のようなもの。自分が相手に思うことはそのまま相手が自分に対して持つ思いになる。

・自ら動くことで運気を上げる気学
 @一日のスタートには朝日を浴びて深呼吸する。
 A鏡を磨き、映った自分に笑いかけることで弱った自分をパワーアップ。
 B玄関をきれいに保ち、靴は出しっぱなしにせずに必ずしまう。
 Cトイレは不浄の場ではなく、感謝する場と考えて常にきれいに。
 D部屋に邪気がたまっていると感じたら、窓を開けるよりもお香を焚く。
 Eモノにはすべて魂があるもの。捨てるときは感謝の言葉をかける。
 F思いを文字にするとパワーが生まれる。未来日記を書いて希望を実現。
 Gお金は、友達ではなく、取り扱い注意のVIPと考えて大切に扱う。
 H悪口は言わないようにする。溜め息はつかないようにする。