私のお気に入り > ライフスタイル > ファッション12




・体型別良く見せるコツ


・首が短い人は、チャイニーズカラー、ポロシャツ、ショール、チェーンネックレス、ロングヘアーは避け、開いた襟ぐりでボーイッシュなショートヘアが似合う。

・首が長い人は、深い襟ぐり、長すぎるネックレス、ボブカットは避け、スカーフ、チョーカー、立ち襟、ふんわりしたロングヘアが似合う。

・肩幅が狭い人は、ラグランスリーブ、チューブトップ、深いVネックは避け、肩パットの入ったもの、パフスリーブ、ボートネックがが似合う。

・肩幅が広い人は、肩を出したネックライン、ボートネック、目立つネックラインは避け、ラグランスリーブ、Vネック、ロングネックレスが似合う。

・腕が短い人は、長すぎたり、ゆったりした袖、大きい袖口、たくさんのブレスレットは避け、7分袖、手首より長くない袖が似合う。

・腕が長い人は、タイトフィットや7分袖、手首より短い袖は避け、カフス付きの長袖、ブレスレットの重ね付けが似合う。

・胸が小さい人は、深すぎる丸い襟ぐり、フィットしすぎるトップスは避け、刺繍、フリルなどディテールのこったトップスが似合う。

・胸が大きい人は、Tシャツタイプの襟ぐり、こったディテールのトップス、短すぎる袖は避け、Vネック、柔らかいライン、ローウエストの服、細いベルトが似合う。

・腰が大きい人は、硬い生地、タイトフィットの生地、プリーツポケットのついたボトムスは避け、なめらかな生地のパンツ、ロングジャケットが似合う。

・お尻が大きい人は、タイトフィットのボトムス、ショートジャケットは避け、ソフトなスカート、ダークカラーのロングジャケットが似合う。

・脚が細い人は、ミニスカート、濃い色や柄ストッキング、ピンヒールは避け、ふくらはぎ半ばのミディスカート、明るい色のストッキング、ローヒールな靴が似合う。

・脚が短い人は、ロングスカート、ワイドパンツ、裾を折り返したパンツ、ローヒール、ピンヒールは避け、ショートスカート、ショートパンツ単色無地の服、ローヒールから中ヒールが似合う。

・足首の太さによって似合う靴は違う。足首が太い場合は、つま先のとがったフラットな靴、ストラップのついた靴、ピンヒールは避け、モカシン、サボタイプのサンダル、中ぐらいの太さのヒール、厚底靴がほっそりと見せてくれる。細い脚であれば、先のとがった靴、優雅なヒール、セクシーなストラップのついた靴もOK。そのかわり、ロンドンブーツや厚底靴は貧弱な脚に見せてしまうので避ける。


自分らしいお洒落のための10のルール

・「好きなものしか買わない」と決める。似合うかどうかはその先でも、「好き」は大前提。「好き」を積み重ねていくことで、間違いなく自分の好みがより明確になり、自分らしさの輪郭がくっきりとしてくる。それに、好きなものだから愛着もわく。曖昧な気持ちで選んだ服は、所詮タンスの肥やしになるだけ。

・新しいお店の前を通ったら、とりあえず入ってみる。自分らしさにこだわるあまり、おしゃれの可能性に扉を閉ざしてはならない。常にアンテナを張り巡らし、フットワークを軽くしておくことが大切。新しいお店が出来たら、まめにのぞいてみる。意外な発見や思いがけない出会いが待っているかもしれない。好奇心をなくしたら、オシャレはたちまち停滞する。

・「憧れの女性のあの着こなし」を思い浮かべる。自分らしいスタイルを見極める出発点は、自分がなりたい女性像を明確にすることにある。自分はどこを目指すのか、たとえば、「昼顔」のカトリーヌ・ドヌーブなのか、「ゲッタウェイ」のアリ・マッグローなのか。憧れの女優の、あの映画の、あの着こなしを、まずは真似てみる。指針が定まれば、選ぶべき服はおのずと見えてくる。

・おしゃれかどうかより、キレイに見えるかを考える。今どきのもの、高価で名のあるものを身につけることばかりが、お洒落ではない。むしろ大人の女であれば、その手のお洒落とは一線を画したい。重要なのは、女としていかに美しく見えるか。そのためには、身体にぴったりと合うサイズを見極め、プロポーションが3割増しに見えるような服を選ぶ目を養う。

・彼、友達、家族からの辛口の意見を聞く。ショップスタッフのいかにもお決まりの賛辞には辟易するけれど、「お似合いです」と褒められれば、悪い気はしない。でも、実のところ役に立つのは「それ、太って見えるんじゃない?」とか「なんか老けてない?」といった辛口の意見で、他者、それも遠慮なくものを言ってくれる相手に、正直な感想を求めてみる。ときには辛辣な言葉に、自分には見えない、全く見たくない事実が潜んでいることも。

・コーディネートは全身鏡で後ろ姿までも確認。試着のときや外出の前、横からの角度や後ろ姿まで、どこまでもちゃんとチェック。360度見ないとバランスは整わない。「落とし穴」が多々あることを、肝に命じておく。

・センスがよくて気も合うショップスタッフを確保。「好き」にこだわると、ワードローブが変わりばえしない。そこで、ベースとなる自分の好みに、トレンドや意外性といったスパイスを与えてくれる相談役、センスがよくて、信頼のおけるショプスタッフと仲良くしておくことは、自分のスタイルを確立するうえでも、お洒落の鮮度を保つうえでも、大きな助けとなる。

・体型チェックのためのパンツとワンピースを決めておく。誰もがマドンナやキャメロンディアスのように、徹底して自分の身体と向き合い、完璧なまでに体型をコントロールできるわけではないけれど、ある程度体型をキープする努力を重ねることは、おしゃれのステージに立ち続けるための必須条件。もちろん、日々の体重チェックは大事。でも、数字だけでは計れないシルエットの微妙な変化に気づかせてくれるのはボディコンシャスなワンピースだったり、パンツ。ウエストまわりがきつくなった、太ももが張るなどといった危険信号が灯ったら、エクササイズや食事を見直すサイン。

・誰かのために装うことは、大人の女の義務と心得る。ずっと、「自分のためのお洒落」をしてきた30代でも、今、理想とするのは「ふたりで絵になるお洒落」。たとえばパーティに招かれたとき、パートナーのために美しく装うこと、そしふたりで心地よい調和を醸し出すこと。それは、相手の喜びとなり、パーティという場にふさわしい華やぎをもたらす。誰かのためにお洒落できる思いやりと知性こそが成熟の証。


・艶シンプルな人

・きちんとした日本語が使える。

・何事も続ける力がある。

・「とりあえず」という気持ちでジーンズをはかない。

・オーソドックスを華やかに。モ−ドをシックに着こなせる。

・後ろ姿で他人の視線を惹きつけられる。

・早起きである。

・鏡の中の自分の裸体をまっすぐ見られる。

・媚びないけれど女らしい。

・旅に出る準備がすぐできる。

・行きつけのインテリアショップがある。

・引き算が巧い。

・年をとるのが怖くない。

・気力でスタイルをよく魅せることができる。

・8cmヒールとスニーカーがどちらも好き。

・男友達がいる。

・肌見せがアクセサリーになる。

・ハプニングを歓迎できる。

・10年前のコートと今年のバッグを合わせられる。

・ありがとうが口癖のように出る。

・掃除が嫌いではない。

・自分のためのお稽古はかかせない。