私のお気に入り > ライフスタイル > ファッション9




素敵なレディになるために 

・「ワクワク」からすべて始まる。自分の心地よい居場所を見つけ、最大限の力を発揮している人は素敵。自分の魂が心底喜ぶ、神様から与えられたふさわしい役割を見つけることが重要。限られた命だからこそ、今という瞬間を大切に、持っている才能を最大限活かして「今を生きる」ということに集中し、なるべく濃く生きたい。

・謙虚に、でも自信を持って。

・人の容貌は、人格が顔立ちを変える。30代を過ぎると、DNA(遺伝子)よりもむしろ後天的な要因が強くなる。そして人格もまた、良くも悪くも揺るぎないモノになってくる。無意識の表情が人の顔立ちを変え、やがてそれが顔として固定されてしまう。精神的にバランスの悪い人は、やっぱりそれが顔つきにも出てしまう。顔って不思議で、とても端正な顔でさえ、どこかのバランスが崩れ、不協和音のようなズレが生じてくる。そしてもちろん逆に、均衡のとれた穏やかな心で生きていると、それが顔ににじみ出て、むしろ年齢を重ねるほどに顔は整ってくる。日々、笑顔でいきていると、キレイに向かって絶妙なバランスで美しい顔立ちを作っていく。だから、女はなんとしても、バランスの良い”整った心”を持って生きないといけない。そして、歳を取るほど魂をキレイに美人にならなければ。

・大人の女性の可愛らしさって、いかに自然で健康でいられるか。

・自分のポジションを見極め、それにふさわしい振る舞いをする。行動は堂々と、それでいて周りの人にはやさしく。

・女の幸せを勝ち負けで考えない。今の日本人の多くは中流階級で、それなりに贅沢をしているが、それでもまだ、満たされないのは物質本位の生活だから。確かに、たいていのことはお金でなんとかなるようだが、本質的なことはならない。時間をかけて、自分を切磋琢磨して、ある境地に達することで、女性として熟成されて醸し出すモノがある。それこそが目指したいもの。驕らず、恨まず、最善を尽くし、境地に向かっていると勝負ではないことがわかってくる。「心すべきは我が心」。

・部屋は「楽屋」。そこから一歩出れば公の「舞台」。

・常に「自己ベスト」で美しい素敵な自分。

・不安は、人生をランクアップさせる鍵。不安があるからこそ、努力し、前の自分より成長する。

・人を押しのけて前へ出たがる人があれば、”どうぞお先に”と長い目で見ること。

・流れに逆らわず、与えられた仕事を大切に。

・運命的なものがあるとすれば、人と人の縁。

・強運とは、自ら取りに行くもの。自分だけが前へ進むのではなく、周りを巻き込んで、雪だるま式に強運を太らせていくアンジェリーナジョリー。
・一見”欲”も野心も何もないように見えるが、スルスルと音もなく運命を切り開き、幸せを手にしていくキャサリン妃。
・つかんだ運をもったまま、次の運をつかみに行けるたぐいまれな握力を持つ松田聖子。

・いつの時代もどんな時も、想いのこもった手紙は強い印象を残す。

・今、この瞬間が最後かもしれないと、常に考えると、日々のあいさつや暮らし、ちょっとした会話までが、きちんと大事するようになる。

・個性は基礎があって初めて言えること。

・日々の生活の中で、大切なのは「直感と瞬発力」。何かをキャッチしたら、今やりたいことをすぐやる。

・「これでいい」じゃなくて「これがいい」って選択する。

・何事も常に更新している人に運は寄ってくる。

・守ってあげたくなるような繊細さや危うさが魅力。

・”チャーミング”は、あらゆる年齢の女性に可能な言葉で、フランス語の”シャルマン(魔法、媚薬、呪文、歌)”から来ている。性的な魅力が十分あって、なおかつ、まなざし、仕草、微笑、声などその人が発する魅力を持つ。内面的充実の結果、人にときめきを与え、人の心を惹きつける。外見的にも内面的にも輝きがあり、しかも自分に似合うお洒落をし、聡明でリアクションが速く、感受性に富み、気取りがなく、さり気ない品格がある。特に目立つ身支度ではないのに輝いている。誠実な女性が放つ輝き。シンプルな服装と気さくな態度には、周囲の人に幸福感を与える温かさがある。チャーミングな女性は人を刺激し、ときめきを与え、活性化する輝きの発光体。

・「見た目」は、容姿だけでなく、表情、動作、色、声、匂いも関係している。私達は、相手の本心を知りたいと思っても、残念ながら、人の心を読むことはできない。つまり外面に表れている様々な要素から、内面を察するしかない。誰でも子どもの頃は、日々新しいものを見て、驚き、発見し、目を輝かせてワクワク、ドキドキすることの繰り返しだった。それがいつしか、いろいろな情報に慣れてしまい、無感動、無表情になってしまいがち。大人になって感情を素直に表すことは、それほど簡単ではなくなっている。でも、チャーミングに見える人は、「豊かな感受性が表情ににじみでている人」。だから、できるだけ、私達は子どものような好奇心を持って、実際に足を運び、自分の目で見たり、味わったり、触れ合ったりすることなど、感動で目を輝かせる経験を重ねたい。変化する心が、表情筋の豊かな動きにつながって確実に「見た目」は変わっていく。感情を表情にのせることが出来、心の変化を「見た目」に表すことが出来る人には、感情移入しやすく好ましく見える。単純な美醜ではない、豊かな内面が反映された「見た目」は魅力そのもの。

・稽古なくして、立ち居振る舞いの美しさはない。言葉の美しさも同じ。

・いつまでも”きれいな人”と言われたい。顔は見られることで、美しくなる。顔は見られている意識、適度な緊張感によって、美しく磨かれる。会うのは家族だけ。パジャマ兼用の部屋着で過ごして、1週間もすると顔は劣化する。見られる緊張感を得るには、社会に関わる場を、積極的に作ること。慣れた人間関係に埋もれず、ほどよく緊張する新しい環境づくりを、常に心がける。美しくなりたいと願う時は、明確な目標があった方が良い。顔の造作だけでなく「生き方」や「醸し出す雰囲気」まで、より具体的にイメージできるほどいい。「きれいな人」と言われるには、母や妻、仕事での役割とは別に、自分個人だけの顔を持つ。凛とした自立心も秘訣になる。

・夫の結婚をするまで知らなかった事実に、後から気づき、「しまった」と思うことはよくある。「この男はいざというとき、自分を守ってくれるのか?できるなら毅然として、立ちはだかって欲しいが」と。今まで気づかなかった夫の人格、普段は隠れていた本質に、気づいてしまうと失望する。でも結局の所、心は男より女の方が、強いのかもしれない。神様は男に腕力を、女には強い心を与えたのだろう。女は一見、優しく穏やかに見えても、芯は強く頑固だったりする。そして女は、ちゃんと勇気を持って生まれているから、どんな場面に遭遇しても大丈夫。ただ、女が一つだけ譲れないのは、男に正義感がないとき。小心でも臆病でもいいが、そんな男を女は許せない。どんな男でも正義感さえあれば、女はついていける。励ますことも支えることも出来る。だから、女は心優しいふりをして、実は強い心を持ち、表面では怖いものなし、強気な男も裏で支え、その結果、愛され求められ幸せになれる。

・人生に必要なのは女友達。集まった瞬間からあふれる笑顔と尽きることのない会話。元気の源は、全てをさらけ出せる女友達。何でも話せ、そのままを受け入れてもらえるという信頼感。ほどよい距離感と節度をそれぞれがわきまえ、バックグラウンドも職業も違っていても、気を遣わず楽しく過ごせる。損得勘定を持ち込まず、共感するところ、笑いのツボ、怒りのツボが同じだから、絶妙なハーモニーで友情が続く。

・どんなにセンスのいい女性でも、お洒落の意欲が萎えてしまうこと、日々の身支度が楽な方へ流されてしまうこともある。でも、残念ながら、大人の美しさは、一度手を抜いてしまうと挽回するのに、倍以上のエネルギーを要するもの。逆に考えれば、磨くほどに美は極まる。だから、お洒落に磨きを掛けて、理想的な美人に少しずつでも近づく努力をする。

・きちんと丁寧に、細部まで手を抜かずに過ごしていると、大人の女は磨かれる。そして、確実に品格のある美しさを手に入れることができる。

・誰かを愛することのない人は、真の人間として生きることは出来ない。人の口は、心からあふれ出ることを語っている。だから、言葉を大切にする。そして、人は互いに支え合うために出会う。互いに仕えあうことによって、仕合わせになる。自分の命は他の命によって生かされている。それを忘れるとき、人は傲慢になる。自分の命は他の命を生かしている。それを忘れるとき、人は希望を失う。

・「一流」を目指すなら、「一流」に見合う自分になる。美しい人になるには、美しい、いい表情をしている人に接する。ものについても同じで、上質なものをたくさん見て身につけることで、だんだんそれに見合う自分になろうと努力し、中身も一流の人間に少しずつ近づく。「一流」とは何か。そこに到達するには何が必要で、いまの自分には何が足りないのかを考える。

・人とのつきあいで大切なことは、相手にありのままで接し、心を尽くすこと。コミュニケーションに必要なのは、テクニックよりも心。これが人間関係をよくし、人生を豊かにする。

・人は「美しいもの」にやっぱり惹かれる。だから、人間だって顔もスタイルも美しいに超したことはない。だから、外見も中身も美しくありたい。そのどちらも輝かせるためには、やはり自分を慈しみ、自尊心を持って、自分を意識して、磨く努力が必要。人の目を、惹きつけて離さない人になるのが目標。心のありようはそのまま顔にでる。苦しみは人生の深みに変え、味わった哀しみも栄養にして、人の心の痛みがわかる人になる。

・美しくありたければ、日々、美しく暮らすことが大切。そのためには美しい環境に身を置く。

・感動する回数が多い人ほど、心豊かな、素敵な人生を歩ける。何も大げさなことでなくてもいい。日々、感動を見つけながら生きていく。

・所作
 ・凛とした強さと緊張感と客観性が、美しさを作る。美しい所作というのは、常に緊張感がないと成立しない。だから、楽をしようとしたらできない動きと心得る。日常の動きで気をつけるべきは、姿勢。美しい姿勢を保つには、それなりの筋力がいる。あとは、脚の形。常に両膝をつけるように意識を集中させる。これには内腿を鍛えることが必要(例えば、腿の間にこぶし大のボールを挟んで圧をかけながらの腹筋など)。
 ・鏡を見て自分の姿をいつも戒めとする。客観的に、自分がどう映っているかを考えるのは、すごく大切。
 ・歩く・腰から脚があるような感覚で歩くと美しい。かかとで着地したら、つま先でしっかり蹴るとスムーズに体重移動ができる。前脚に体重を移動させたとき、後ろ脚をしっかり伸ばすと、脚が長く見える。背筋の伸びも必須。手はやや後ろを意識して自然に振る。
 ・立ち姿・足はやや前後にずらして揃え、両手は、おへその少し下あたりで自然に交差させて、指先を揃える。背筋を伸ばして、顔は正面を向いて、あごを引く。胸を張るようにしてお腹を引く。
 ・座る・高いところから頭を引っ張られているイメージで、背筋をピンと張って座り、目線を相手にまっすぐに向けると、信頼感を与える。膝頭をつけて足をまっすぐ下ろすのが基本。応用として、立ち姿と同じく、少し足を前後させて斜めに流すのも美しい。イスにはあまり深く腰掛けない。かといって浅く腰掛けすぎるのもおかしい。どちらにしても、あまり背もたれに、もたれない方が美しい。やっぱりエレガントな所作に”楽”はない。

・セクシーな女は、決して媚びない。大人の女が、堂々とセクシーなファッションをして演出をしていると、男にとっては、自分などはとても太刀打ちできないというふうに脅威を感じる。女は露出すればするほど、強くなきゃいけないし、理知的じゃなきゃいけない。その内面とのバランスがエレガントをつくる。セクシーな自分でいるときは、それなりの振る舞いがあるということを知る。媚びとは対極にあるエレガントを。

・「ハッピー」をつくるルール
幸せだから笑うのではなく、笑っていれば幸せになる。そもそも、幸せってそんなに大げさなものではなくて、日常生活の中で自分が「ああ、幸せ!」と感じれば、それが”幸せ”ということ。そんなささやかな幸せを感じられるよう、自分自身で何か見つけておくといい。頭の痛いことが起きても、それを忘れられ、気分が良くなれる”小さな幸せの種”を。

・女は不幸になったときに、老けてはいけない。女は絶望から蘇るたびに、美しくなるべき。”女のきらめき”をわきあがらせ、容姿をピカピカに磨いて再生する。どんなにしんどいことがあっても、今まで培ってきたモノを全てつかって、女として立ち上がる。

・素敵な佇まい
いつも笑顔を絶やさず、清らかで奥ゆかしく、崇高な気配が漂う。慈愛に満ち、美しい魂を持ち、心から清々しく温かくなるような物事や幸福感のとらえ方次第で、人はどんな風にも生きられる。身ひとつで快適にいられる自分でいたい。

・ハッピーを導くキーワード
 ・品格・外見の品の良さだけでなく、さりげない仕草や行動力、言動、知性、感性を磨いて内面から凛と輝く女性を目指す。
 ・徳・誰かのため、社会のためになる行動は、徳となって自分のグレードを引き上げてくれる。
 ・艶・気品のある女性に不可欠なのが、潤いのある艶。日々のケアを怠らないように。
 ・思いやり・相手を思う気持ちや自分の行動や言動が、まわりの人を傷つけていないか気を配ることも大切。
 ・感謝・親しい人だけでなく、まわりの人、物事全てに感謝の気持ちを持つ。何かあれば「ありがとう」と素直に伝える。

・成功するほど人は、謙虚に寛大に、そして親切になる。惜しみなく与えることで、結果として”別格の存在”になる。この世の全ては、つながっている。持てるものを与えることで、エネルギーが返ってくる。アインシュタインは「成功をめざすな。価値ある人になることを目指せ」と言っている。”品格”こそサクセスの条件。

・目指す女性
ブレない軸を持ち、それでいて柔軟性がある。如何なる時も、強く優しく、凛とした美しさと清涼感を持ち、慈愛と品位を失わず、何が起きても慌てない。人の心に、残り香を残せるような愛情あふれる女性らしさを持つ。シンプルでナチュラルな美しいライフスタイル。透明感があり、存在感がある。健康的で、はつらつとしていて周りも元気にする。やりくり上手だけど貧乏くさくない。あきらめない強さの中に、優雅なゆとりを感じる。人を本当に愛せる人。心温かな笑顔がチャーミング。優しさの中にも芯がある。

・運命は一つは天命によって定められ、人の力ではどうにも動かすことができない運。もう一つは自分で切り開いていく運。そして、ただ、運命に身を任せていく生き方。これはある意味、強いから出来ること。抵抗せず、やってくる運命の波に、身を任せ、自然にのってしまう心穏やかに寄り添って生きる。そして必要ならば、自分の手で切り開いていく。それが理想。

・美しさは、きわめて複雑で複合的なこと。その人にしか表せない、世界でひとつの個人的ハーモニー。一般的に、いわゆる「美人」といわれる顔のパーツやスタイルを持ち合わせていても、知性による目の輝きがなかったり、肌の色艶が不健康だったり、どこか無気力でエネルギーや個性が感じられない人は、魅力が減じて思えるもの。そして、当然、その反対もある。表面を飾り立てるだけでは生まれない、その人がその人であるための、意志や感覚に裏打ちされた美しさこそが洗練で、そこにはやはり「内面」がどうしても関係してくる。はつらつとした精神や好奇心あふれる知性のあり方は、案外、外側の「見た目」に反映されて、人はそれを無意識に五感で感知している。「美」と「健康」は永遠のテーマ。

・若く見えすぎると、かえって美しくは見えない。バランスが悪くみえるか、相当お金がかかっていると見られ、美しく見えることとは不思議に両立しない。おそらく若すぎると、本来キャリアを積んだ分だけの知性というものが、見えてこないから。大人の女にとって”知性”は美しさの絶対条件。一生美人の決め手も、じつは知性。その知性を含んだ若さを、上手に保つことが、何よりも重要。ちなみに50代から先は、「いくつに見えるか?」より「年齢がまったくわからない人」と言われるべき。「あの人いくつかしら」とすら探られない雰囲気。それが年を重ねた女だけが叶えられる底知れない魅力の証。

・運動神経の良さ × 色気が理想。これがしなやかな体。

・男性は隣にいたいと思い、女性はこんな風になりたいと憧れる。子どもから大人まで惹きつけられる魅力のある存在。

・”形”ではなく、”存在”が美しい。心のあり方が自分自身を作りあげる。

・自然体でブレない。見た目はやはり、精神の表れ。

・無理はしない。かといって野放しにすることもない。あくまでも自分にとっての”健やかさ””心地よさ””幸せ”を軸にして、そこへ返る。

・年齢を重ねるほどに清々しくなる女の法則
 ・毎日チューニング。自分を客観的に見つめる。下半身より後ろ半身。
 ・じっくりメンテナンス。本物、本質を愛する。とにかく「高く見える女」を目指す。
 ・蓄積を愛で、美しさを育むこと。周りの人の「人生のかけら」が自分を形作ると自覚する。
 ・引き算が出来る。若さに執着しない勇気。「年相応」を素敵に演出する。似合わない色、似合わないものとは縁を切る。
 ・柔軟で、立ち居振る舞いが穏やかであること。座り方、歩き方、そしてバッグの置き方は「そっと」を心がける。声は「出し方」で作られる。
 ・「使命」に一生懸命であること。肝が据わっている女こそ、色っぽい。与えられた「何か」に没頭する。目指すべきは、しなやかでタフな美しさ。

・40代からずっときれいが「一生美人」の定義
 ・40代は生涯で一番美しいと自信をもつことが大切。女にとっての一生の分かれ道だから。
 ・生き方が上手でないと、40代からはキレイに見えない。明暗を分けてしまうのは、ずばり生き方のセンス。生きていく上でセンスがないと、若さは美しさにつながらない。センスよく、バランスよく、賢く生きることが、一生美人であることを可能にする。
 ・40代で美人になれれば”一生美人”。30代まで美人だった人が40代に入って急に冴えなくなることがある。逆に、40代になって、ますます若く生き生き颯爽としている人は、それだけでキレイに見える。”顔立ちの美しさ”とはまた別の、生命感や躍動感といった美しさの基準がそこに生まれている。また、若い頃とまったく変わらない体型、変わらない引き締まった印象を保っているだけで、40代はむしろ若い頃より美人に見える。透き通るような肌や清潔感を、40歳すぎでも持ち続ける人は、それだけで美人。生き方のセンスと、生命感と清潔感が”一生美人”のキーワード。
 ・40歳を過ぎると、人間として魅力的な人とそうでない人の差が如実に表れ、生き方が顔に出る。明るく前向きな人生を送ってきた人の顔は若々しく輝いているし、暗く後ろ向きだった人はどこか湿っぽく自信がない印象に。怠惰な人生を送ってきた人は締まりのない、だらしない顔になってしまう。

・習い事は、少しでも習ったことがあるか、全く習ったことがないかで大きく違う。最初は教わり、習っておけば、その先は自分で独学出来るし、伸びていける。その手前で止まってしまう人と、さらに先へ踏み込める人の差は大きい。

・いざという時のために、マナーはある。マナーは知っていて使わないのと、知らないで使えないのは違う。

・たまには高級なお店にいくのが、授業料。

・一番恥ずかしいのは、知らないのに知ったかぶりをしてしまうこと。知らないことは、恥ずかしがらずに、素直に聞くのが一番。

・いつも遠慮をしてばかりではダメ。相手とのコミュニケーションを円滑にしてこそマナー。その時々で、お互いの関係が深まるよう、たまには相手の行為に甘えて、より積極的なコミュニケーションを考え、行動する。

・香水は、あるかないか位に、かすかに香るのが一番いい。その香りを不快に感じる人にとっては、非常に嫌なもの。本人は、自分を印象づけるつもりでも、つけすぎは、自意識過剰女の象徴。

・キレイになるためには、鏡をどんどん見た方がいい。でも、鏡を見る時は、人に見られていないことが大切。楽屋は人には見せないもの。

・気品は、手がかかることを楽しむ姿勢から生まれる。

・パーティでは、同じ人とばかりいない。勇気がいるが、いろいろな人と話す努力をする。初めて会った人とでも、前から知り合いのように話が楽しめれば成功。その上、知り合いを出来るだけ他の人に紹介すれば、場が盛り上がる。

・パーティで大切なことは、どんな相手であろうとも、自分らしく堂々と振る舞うこと。外交性、社交の輪の中で何より大切なのは「コミュニケーション能力」。自分がその場に登場するだけで、場を盛り上げ、華やかにすることができる能力。セレブにとって「社交の場」はとても価値のあるもの。自分の冒険心や想像力を満たすだけでなく、貴族的な趣味を通して、上流階級の人達は交流を広げていく。

・知性は眉と目にでる。本を読んでいるかどうかは顔にでる。本を読むと言うことは考えること。自分の想像力を働かせること。本を読めば、必ず知的な顔になる。

・会話の語尾は、ゆっくりと丁寧に話す。

・人間の気持ちは、言葉ではなく目から伝わる。話をするときは、相手の目を見て気持ちを伝える。

・話の腰を折らない。一度聞いた話も上手に聞く。

・「意外性」は、人をひきつける。

・自分を好きになって、自信をもつ。自信のある人は、アイコンタクトを忘れない。

・ファッション、仕草、話し方に知性を持たせる。

・チャームポイントを常に意識し、丁寧に育てる。

・自分を客観的に見つめ、自信あふれる仕草を身につける。

・緊張感を忘れず、いつも理想の振る舞いをするように心がける。

・前向きな会話は、相手をほめることから始める。

・素直に「ありがとう」と言える人は、美しくなれる。

・他人のネガティブな言葉に、人生を左右されない。

・変えられないことは、一切考えない、悩まない。

・笑顔は人を惹きつけ、ポジティブなオーラを生み出す。

・美しく輝く行動の基本は、なんといっても明るい表情、オープンなイメージ。

・悪口を言っている暇があったら、自分を磨く。誰かの悪口を話す人は、自分もどこかで悪く言われている。

・不機嫌な空気は出さない。

・明るい色は気持ちを盛り上げる。外見を変えれば気持ちも変わる。

・一番魅力的な自分を、いつも演出する。

・自分の心が何を望んでいるかを知り、幸福を感じる時間を増やして、日々の生活を充実させる。

・日常の中にある小さなハッピーをみつけ、積極的に「楽しい!」「嬉しい!」「幸せ!」と思う。

・嫌なことはため込まず、上手に関わる。そして、できるだけはやく忘れる。

・いつも清潔感と品格は忘れない。

・目指すは「完璧」ではなく、「自分らしさ」。自信を持って、自分らしく、自由に振る舞えるようになれば、自分だけの輝きを手にする。ワガママとは違う。周りの状況を見ながら、利己的にならないように気をつけて。

・今日から、理想の女性にふさわしくない行為はやめる。

・人の顔色をうかがうのはやめて、自分の心に素直になる。他人が期待する自分ではなく、自分が心からこうありたいと思う人になる。

・自分を否定するような謙虚さは必要ない。
・自分を等身大以上に見せる必要もない。
・謙虚と卑屈の違いを知り、自己主張を恐れない。

・不完全だからこそ、人間らしくて魅力的。

・自分の弱さを認め、それをさらけ出せる強さや自信を身につける。

・非の打ち所のない人間など、いないことを知り、それでも目指すべき姿に向かって行動する。

・ダメな行動を毎日ひとつは改善する努力をする。

・自分の考えや意見に自信を持って、正直な気持ちを相手に伝える。黙っていては伝わらない。相手の意見を受け止めつつ、軟らかい表情、笑顔とユーモアを交え、自分の意見を伝える。

・目立つことを恐れずに、印象に残る女性になる。
・チャンスに巡り会うかどうかが、人生を大きく左右する。チャンスに恵まれるためには、目立つことを恐れず一歩前に出て、周りの記憶に残ること。どんなことでも、興味や関心を持ったらすぐに行動。それが可能性を広げる最初のステップ。

・人生の鍵を握るのは、人との出会い。人との出会いは新しい可能性を広げる。積極的に周りの人と関わり、さまざまな情報やチャンスを生み出す。
・顔見知りでなくても、興味のある人には自分から話しかける。誰でも、自分に興味を持たれることは嬉しい。誠意を持って話しかければ、さらなるチャンスや出会いが生まれるはず。

・洗練された女性は安っぽく見えない。そして、いつも知性を磨くことを忘れない。

・美しさに年齢は関係ない。一番変えるべきは考え方。
・「私はなんてラッキーなんだ。」と思う。自信こそが美への原点。
・真の美しさは心からくるもの。

・常に学ぶ姿勢を忘れない。
・相手に、リラックスした印象を与えるように気をつける。

・呼吸を落ち着け、優雅な動きを心がける。

・好奇心や向上心をいつも持ち、変化を恐れずに前に進む。どんな状況でも臨機応変に対応できる余裕ある言動。そのためには、知識や経験が必要。幅広い情報を得るよう、さまざまな体験を積み重ね、どんな場面でも焦らず、対処する。
・気になっていることは体験してみる。
・知らないことや疑問に思うことは、一日一つずつ減らしていこうとすれば、世界の舞台でも余裕を持って振る舞える人になる。いつも何かを学ぶ姿勢を忘れない。

・「幼さ」は洗練の敵。自信と気品を身につける。

・洗練された女性の動きは、エレガントで無駄がない。知的で落ち着きのある振る舞いは、自信や余裕、優雅さを感じさせる。

・媚びたり、無駄な動きをせず、自分の素敵な面をアピールする。

・自分を客観的に見つめ、思い描くイメージに合わない動作はやめる。

・パーティーでは食事ではなく、会話を楽しむ。

・穏やかな呼吸を意識する。深くゆっくりを。

・相手を楽しませる会話を心がける。自慢話をしたり、知識を披露する会話はしない。

・ネガティブなことや嫌なことを言われても、怒りを表さず、ユーモアを交えて明るく切り返す。

・細部にこそ気を抜かない。神経の行き届いた着こなしをして気を配る。

・いくつになっても「この女性とずっと一緒にいたい」と思わせるような女性になる。

・心の深い部分で人を惹きつける、上質な魅力を持ち、他人の目がないときでも、女性であることを忘れない。

・五感をすべて使って、自分の魅力を演出する。

・会うたびに、新鮮な自分を感じてもらえるように、日々努力。

・ちょっとした言動で、100年の恋も冷める。見苦しい言動で、相手を幻滅させない。

・一緒にいる人が、楽しく心地よい時間を過ごせる存在、誰かに紹介したくなるような女性を目指す。

・相手にどう見えているかを常に意識し、自分をより魅力的に感じさせるポーズやしぐさが、自然にできるように気をつける。
・指先まで美しい動きを心がける。
・ハイヒールでは膝を曲げたり、チョコチョコした歩幅にならないように優雅に歩く。
・柔らかく、落ち着きのある声で自信を持って話す。話題の豊富さ、声の心地よさ、会話の内容だけでなく、テンポや「間」も考えながら話す。沈黙も恐れることはない。
・ミステリアスで神秘的な一面も除かせれば、相手は興味を持つ。アイコンタクトや感情を込めて、相手に視線を投げかけてもいい。
・素直な気持ちを、表情に出す。無表情の相手に話すほど、つまらないことはない。表情豊かに会話を楽しむ。
・会話はキャッチボール。上手に相手の話を引き出し、自分の気持ちを素直に伝える。
・いきなり相手のプライベートに踏み込みすぎないように気をつけながら、他愛のない話からスタートして、徐々に距離を縮めていく。
・いくら会話が盛り上がっていても、ずっと話し続けているだけでは、面白い女性で終わってしまう。一つの話題が終わったタイミングで、あえて「間」を作り、適度に視線を外して、相手が自分の魅力的な部分を眺めるスキを与える。

・自分らしく生きるための原動力は夢。具体的な夢を持つことで、毎日が充実する。自分の能力に限界を作ることなく、進化し続ける。ゴールは高く設定。夢は見るものではなく、叶えるもの。
・行動を起こし、チャンスを引き寄せる。少しでも夢に関係がありそうな人や出来事は、決して見逃さない。自分の夢を語ることは、夢を叶える近道。話した方が実現する可能性が高くなる。

・昨日までとは違う”新しい自分”を演出してみる。日々違った自分を見せる。そのためには、様々な引き出しが必要。常に新しいアイデアを求めて観察する習慣を身につける。そして、「変化」を楽しむ。

・人生は短いのだから、ネガティブな人といるのは人生の無駄、時間の無駄。

・女が惚れる女の条件
心の強さを持っている。男っぽさと女性らしさのバランスがいい。自分を大きく見せようとせず、自然体を失わない。知性を感じさせる。
・50代60代になっても変わらず素敵で美しいと感じさせる女性には、必ずその人なりの「雰囲気」がある。これが同性も異性もあらゆる人を惹きつける魅力。
・若々しく美しく魅力的でいることは、周りからの扱われ方が歴然と違ってくる。手をかけない人と比べて、遙かにたくさんのチャンスを手にすることが出来る。楽しくて美しい人は、様々な場面で選ばれる人になる。
・人の目を釘付けしてしまう、会った瞬間に相手の心をつかんでしまう、思わず人を振り返らせてしまう、そんな美しさは肉体的な美しさだけではなく、表情の美しさ、身のこなしの優美さ、着こなしのセンスなど、いろいろ合わさって初めて作り出される。なにより全ての基本は「姿勢のよさ」。

・たとえいくつであろうと大切なのは、「今」という瞬間をどれだけ大切に生きるか、自分の人生をいかに楽しむかということ。いつの瞬間も、自分の選択に自信を持って前へ進む。毎日を楽しく年齢を重ねていけば、数年後、数十年後は自信と輝きに満ちた美しい顔が作られているはず。

・人は第一印象で決まる。出会いの場では最初の瞬間に全力投球。パッと見て好感を抱かせるオーラや雰囲気づくりに努める。第1に「笑顔」、第2に気持の良い「あいさつ」、第3に「姿勢」、第4に相手の目を見る「視線」。

・人生は思うほど長くはない。心が渇いてしまったときなど、時々、自分にご褒美をあげたり、リフレッシュすることは大切。その方法も、なんとなく、だらだらと、いきあたりばったりではなく、効率よく有意義に、計画的に過ごすように習慣づける。じぶんにとって参考になるものと、用のないものをより分ける。自分が何をもってリフレッシュするかを普段から考えておく。自分に必要なことを見極めることが一番大切なこと。リフレッシュも自分の大切な人生の一部。見栄や無計画でムダに過ごしてしまわないように。