私のお気に入り > 別荘 > 苗場




リゾートマンション
金曜日の夜、東京を出発して関越道で月夜野インターへ。

早ければ、少し遠回りをして大型スーパー「ベイシア月夜野店」TEL 027-862-0001
へ寄り、滞在中の食材を購入します。とても大きなスーパーであっという間に2時間位
過ぎてしまいます。

洋服、スキー用品もあるので、忘れ物をした時にはここで購入していくと
値段が手頃で選べます。

まだビィラまでは1時間ぐらいかかるのでお腹がすいているようであれば
スーパー内の軽食コーナーで軽く食べていきます。

年末などは活きたオマール海老やおせち料理も並び、何でも揃っています。
スパークリングワインは辛口のスペイン産セグラヴィータスのBRUTを。\1,000前後で
美味しいです。

生活雑貨は向かいにあるホームセンター「カインズホーム」が便利。

シーズンの最初は買い物が多く大変です。ギューギュー詰めの車で苗場へ向かいます。

時間に余裕のない時には通り道にある「スーパーダック」かビィラ5号館の売店で済ませます。
苗場の町にもお正月開いているスーパーがあります。

西武ビラ9号館
イメージ

9号館は白樺ゲレンデに面していて一歩外に出ればそこはゲレンデ。
リフト乗り場まで滑って下りて行けます。でも」最近はこの白樺ゲレンデ、週末しか動いていません。

苗場スキー場まではバスが朝夕30分毎に運行。片道\100で5分位です。歩いても行けます。

駐車場は目の前に10台くらい置けるスペースがありますが、お正月や連休はすぐいっぱいに。
その場合、少し離れた大きな駐車場に置くことになります。
雪が降っていると毎日雪かきをする必要があるので、頭が痛いです。

ベランダ
イメージ

ベランダの手すりはシカがモチーフになっていて素敵です。

9号館北側の部屋では家族や友人の滑っている様子、
また、お正月の苗場ゲレンデで行われるたいまつ滑走や花火がベランダから見られます。

ゲレンデへの出入り口
イメージ

各階にゲレンデに出られる出入り口があります。

玄関ドア
イメージ

季節外は廊下の電気が節電されていて少し暗いですが他のリゾ−トマンションに
比べて管理費が安いので納得。

スキーロッカーが地下1階にあります。家族4人分入りますが、
うちは廊下からそのままゲレンデにでることが多いので自分たち用は玄関に置いています。

玄関 壁飾り
イメージ

玄関
イメージ

雪遊びやソリ、また、5号館売店への買い物の時に長靴が便利。

部屋にはいろいろなタイプがありますが、うちは2DKのタイプ。
玄関やキッチンが独立していて、ダイニングと6畳と7畳の和室です。

ダイニング
イメージ

ダイニングテーブルやイスは大塚家具TEL 03-5530-5555で購入したアンティーク。
テーブルは両側引き出せるので大人数の時に便利です。

ダイニングから和室につながる扉
イメージ

キッチン
イメージ

キッチンは狭いながらもよく考えられて造られています。

イメージ

浴室のシャワーと蛇口はつけ直しました。
熱いお湯と水を自分で調節するタイプだったので子供には火傷の危険があると思ったからです。
システムバスはヤマハのもので、壁は大理石調。いい感じです。

イメージ

イメージ

洗面台
イメージ

洗面台の壁や床のビニールクロスは幾何学的模様で少し時代を感じます。

和室7畳
イメージ

クリスマス
イメージ

和室は両方に押し入れがついていてストーブの前が板張りになっています。
スキーで濡れた衣服や手袋をここで干します。

ソファーはベットになるものを大塚家具で購入しました。
寝心地はいまひとつで疲れが取れません。どちらの部屋にも布団を敷いて寝ています。

6畳和室
イメージ

隣の部屋に比べて少し狭く布団3枚しか敷けません。

ベランダ
イメージ

お正月餅つき大会
イメージ

正月にビィラ全体で餅つきがあります。
あんこやきなこ、大根などのお餅と鏡開きをした後のお酒が振る舞われます。
映画鑑賞会もあります。

スキー場
イメージ

ビィラ5号館の管理事務所にリフト割引券が置いてあります。
うちはいつもこれを使っています。

ビィラ専用のシーズン券、大人\50,000,子供\35,000を購入したことも
ありますが、かなり通わなければ元はとれないようです。

田代ゲレンデのレストラン
イメージ

イメージ

白樺ゲレンデでそり
イメージ

夜、かまくらにろうそくを持って
イメージ

白樺ゲレンデ
イメージ

イメージ

田代スキー場へのロープウエー
イメージ

田代スキー場は雪質抜群。季節はずれでも恵まれた雪で滑れます。
広くなだらかなので子供たちも安心。

私は思いっきり滑りたい時には、一人で苗場スキー場へ9時のバスで行き、
休まずお昼過ぎまで滑ります。

イメージ

田代スキー場へはドラゴンドラは使わず、田代スキー場下の駐車場まで車で行き、
ロープウェーで行きます。駐車料金が\500かかりますが節約になります。

昼食はレストラン「アルム」の暖炉の前でにぎっていったおにぎりをほおばることもしょっちゅう。
シーズン中、何度も行くので毎回レストランで食べていたのでは持ちません。
私たちのような人を結構見かけます。

土曜日一日おもいっきり滑り、日曜日の午前中、子供たちは白樺ゲレンデで雪遊び。
私は掃除、ゴミ出し、荷物の整理。お昼には帰ります。

帰りは猿ヶ京温泉信号近くの酒屋「いちますや」TEL 0278-66-0012で日本酒をお土産にまとめ買い。
新潟の「八海山」「久保田」「雪中梅」「越の寒梅」などが東京に比べて安く買えます。